ミネルバ税理士法人上田公認会計士事務所

お問い合わせ
お電話での相談窓口 平日:9時~21時

独立をご検討の方は、品川区五反田最大手のミネルバ税理士法人にご相談ください。

発行:2021-02-10

ミネルバ税理士法人の新卒ブログ

簿記の学習と実務

いつもお世話になっております。
品川区五反田最大手のミネルバ税理士法人でございます。
**********************************************************

こんにちは!新卒社員のS・Yです。
皆さん、簿記は好きですか?
今回は、簿記で学習した論点が、実務で活用される例をご紹介したいと思います。

 

1月は、償却資産の申告がありました。
個人・法人が一定額以上の資産をもっている場合、
何を、どれくらい所有しているか、市区町村に申告する作業です。

簿記では、固定資産についての会計処理を学びますよね。
償却資産の申告では、リース資産や償却資産についての論点がたくさん出てきます。

例えば、所有権移転外のファイナンスリースは、リース資産として資産計上すると、
簿記では習いますよね。
実務ではもう一歩踏み込んで(税務的な要素が入るので)、
一定金額以下の場合は支払リース料として費用計上する(賃貸借処理)こととなります。
つまり、ファイナンスリースかつ、一定額以上のリース資産を資産として申告します。

オペレーティングリースの場合は、支払リース料で処理をすると習いましたよね。
償却資産の申告の際は、資産に関する資料がまとめて送られてくる事もあるので、
契約書をよく読んで、オペレーティング・ファイナンスを判断する必要がありました。

実際のリースの契約書や資産の具体例を見てみると、簿記の論点もより身近に感じることができます。
他にも、「資本的支出」に関する処理を実際に行っている同期もいるみたいです。

 

学習したことが、即時に活かせるのは、専門職業の面白さの一つかなと思います。

 

 

**********************************************************
税務、経理でお困りなことがありましたら、お気軽に
品川区五反田最大手のミネルバ税理士法人にご連絡ください。

    

お客様のご状況をお伺いした上でお見積りを出させていただいております。 ご納得いただけるよう安心価格でご案内させていただいております。
まずはお気軽にお問い合わせください。

  • 電話でのお問い合わせ
  • メールでのお問い合わせ
上へ戻る
上へ戻る

東京都品川区大崎5-1-11住友生命五反田ビル10階
TEL 03-3491-4836
  • 電話でのお問い合わせ
  • メールでのお問い合わせ
Copyright(C) ミネルバ税理士法人. All rights reserved.