ミネルバ税理士法人 上田公認会計士事務所

発行:2024-05-29
ueda-staff

S.T.のマイパーパス

ミネルバ税理士法人ではパーパス経営を実践しています。毎週、職員のマイパーパス(仕事の目的)を発表していて、文章にしたものをこちらで紹介させていただきます。

<S.T.(2023年入社)のマイパーパス>

対顧客:税務・会計に加え、精神面でもお客様の不安を解消できるようサポートする。

対社内:後輩職員がコミュニケーションをとりやすいように橋渡し的立場になる。

対社会:企業・事業の成長に経理・税務の観点からサポートする。

 

<マイパーパスを設定した背景>

お客様にとっても、ミネルバの職員の方々にとっても親しみやすく、相談しやすい担当者・職員でありたいと思い、このマイパーパスを設定しました。

知識や経験を身につけていくことはもちろんですが、プラスアルファとして、お悩みや課題に対して親身に向き合い、相談を受けた際に、問題解決までつなげられるような頼りがいのある存在になりたいと考えています。

 

<マイパーパスやウェルビーイング活動の実践について>

対社内:後輩職員がコミュニケーションをとりやすいように橋渡し的立場になる。

 

入社当初、多くの先輩方に気さくに話しかけていただいたことで、気軽に相談しやすい空気感が生まれ、不安や疑問を解消しやすくなり、精神的にとても楽になった経験があります。

そうした経験から、会社に所属するうえで、居心地のいい場であってほしいという思いがあり、特に入社して間もない方々の不安や悩みを解消したいと考えています。

私が所属する研修委員会において、新卒の方向けのアンケートに力をいれており、研修の理解度だけでなく、仕事をする上での悩みや疑問などを記入していただく「自由記入欄」も設けています。直接話を聞くだけでなく、アンケートという方法も活用することで、相談・意見の方法の選択肢を増やし、より風通しの良い環境を整えていきたいと考えています。

各所でいただいたご意見やご相談を、研修委員である自分を通して所内に還元していくことで、新人職員と既存職員の橋渡し役となるという目標を達成したいと思います。

仕事をする上で不安を感じていたり、悩みを抱えていたりすることは少なからずあると思います。上司やSVの方にいきなり相談するのは躊躇してしまうような、些細なことでも構いませんので、ぜひ相談していただければと思います。

 

お問い合わせ
はこちら