ミネルバ税理士法人 採用情報

コーポレートサイトTOPへ
採用ブログ一覧へ

ミネルバ税理士法人 採用情報

社員インタビュー

Takayuki Kato

加藤 貴之 2017年入社 スタッフアドバイザー

改めて良い職場だと感じています!社労士の資格を活かして仕事に励んでいます!

転職のきっかけを教えてください

もともと商業高校出身だったので、実務に役立つ勉強をしたいと思ったことと、専門的な知識を使って仕事がしたかったのでこの業界を選びました。

前職の経験は役立っていますか?

前職はJR勤務でチケットや切符の手配などを行っていました。また、ワーキングホリデーに行った際にはカナダの旅行会社で働いていたので、前職の経験が実務の面で直接役立っていることは正直ありません。

しかし、前職では「今いるところから行きたいところまで様々な選択肢がある中で、どのようなルートで行くのか」という先のことを考える習慣がついていました。それは、会計においても同じで、過去の試算表だけを確認するのではなく、将来お客様が目指す具体的なゴールまでの道筋を考える未来会計の考え方に繋がっていると思います。お客様である社長の目指すゴールを共有して頂くことによって、ゴールを目指すいくつかの道筋を提案できればと思いながら仕事を行っています。

仕事のやりがいについて教えて下さい。

ミネルバ税理士法人ではお客様である社長との距離が近いため、お客様との関係を築きやすく、伝えたいことを伝えやすい環境にあります。そのため、色々な相談や経営に関して踏み入ったところまで関わることができるため、お客様のお役に立てている実感が湧きます。

また、ミネルバでは会社設立支援も行っているので、新設法人の会社とも関わることが出来ます。新規のお客様はわからないことが多いので、社会保険労務士の資格を活かして「税務」と「労務」の両局面から相談に乗れることにとてもやりがいを感じております。

そして、対価を得られた時にもやりがいを感じていて、ミネルバではお客様からの報酬が自分の報酬に直結しています。経営に関するアドバイスや税金対策など、お客様と積極的にコミュニケーションをとることによってお客様の売上が上がると、自分の報酬も上がる仕組みになっています。これにより自分の頑張りが具体的な数字として表れるのでモチベーションにも繋がっています。
実は、以前ミネルバ税理士法人を退職して、他の事務所でも働いたのですが、他の事務所も経験してみて、やはりミネルバ税理士法人の自由度、お客様とダイレクトに接することができるやりがいを忘れることができず、2018年に再度お世話になることになりました。今では社会保険労務士事業部の立ち上げにも携わり、様々な経験ができています。

<<BACK

NEXT>>

Copyright(C) ミネルバ税理士法人. All rights reserved.