ミネルバ税理士法人 採用情報

コーポレートサイトTOPへ
採用ブログ一覧へ

ミネルバ税理士法人 採用情報

社員インタビュー

Yukitomo Nakajima

中嶋志知 2013年入社 シニアアドバイザー

経験ナシ!科目ナシ!自信ナシ!いつクビになってもおかしくなかった私が、今では2人の部下を持っています。

ミネルバ税理士法人で社会人生活をスタート。当時は、コミュニケーションが苦手でたくさんの人に迷惑をかけることもありましたが、できるところから少しずつ改善していくことで乗り越えることができました。今では、30歳にして6人のチームの管理を任されています。

前職はどのようなことをしていましたか

大学を卒業してから、専門学校で税理士の勉強をしていました。税理士試験が終わった後に、実務を経験できる現場で働いてみたい、という気持ちがだんだんと強くなっていきました。働きながら勉強ができる環境は無いだろうか、そんな最中に出会ったのがミネルバ税理士法人です。

転職のきっかけと当社への決め手は?

ミネルバ税理士法人でもらえた内定が、人生初の内定なんです。当時は科目合格もしていなければ、実務経験もないド未経験者。そんな自分を採用してくれる事務所はありませんでした。ミネルバ税理士法人では、面談から内定・入社、現場へ配属と凄いスピードで進んでいき、まるで夢をみているみたいでした。私みたいなド未経験を採用してくれるところは無いと諦めかけていたので、本当に嬉しかったです。不器用ですが、コツコツまじめに物事に取り組めるところを評価してくれたのかもしれません。

実際に働いてみての感想は?

入社後すぐ、お客様と食事にいった翌日に担当変更を言い渡されました。当時はそれぐらいコミュニケーションや自分の知識に自信がなくて、相手にもそれが伝わっていたのかもしれません。その後も、解約が立て続けに出てしまい、事務所からいつクビを言い渡されてもおかしくないと思いながら仕事をしていたのを覚えています。今は、関わるお客様には感謝の気持ちしかありません。当時は人のせいにしたり、状況・環境のせいにしたりして、自分は悪くないと思うこともありました。でも、お客様の立場に立ったとき、自分みたいなのが担当だったら本当に嫌だなと思ったんですね。でも、今のお客様は何も言わずに我慢してくれている、もしかしたら自分の今後の成長に期待してくれているかもしれない!と思えたときに、素直に恩返しをしたいと思えたんです。それからは全力で仕事に向き合って、この6年間がむしゃらに働いてきました。気づいたら、お客様からは紹介を頂くことができたり、お酒の席に呼ばれたり、「成長したよね」「何でも知っているよね」「ありがとう」といわれるようになり、今では6名のチームを持つようにもなりました。若くして裁量を持たせてくれたり、色んなことに挑戦させてくれる風土ではある、毎日充実した仕事をすることができています。

仕事のやりがいと厳しさを教えてください

そもそも私は、人とコミュニケーションをとるのが苦手で、税理士業界の仕事は事務的な仕事なので自分でも大丈夫だろうと思っていました。実際に実務にあたってみると、お客様とのコミュニケーションが多く、最初はとまどいました。仕事を始めて、たくさんの方と関わる中で、だんだんとコミュニケーションをとるのが好きになっていきました。特にお客様に役にたったとき、認められたときにはとても嬉しいです。逆に、お客様に貢献しようとすればするほど、プライベートの時間がなくなってしまうので、今はどうやって生産性を上げるのかが課題です。最初から完璧に全てをすることはできませんが、だからこそどんな問題や課題も前向きに一緒になって乗り越えていけるような人たちと一緒に働きたいですね。

<<BACK

NEXT>>

Copyright(C) ミネルバ税理士法人. All rights reserved.