ミネルバ税理士法人 上田公認会計士事務所

発行:2021-06-09
ueda-staff

ジューンブライド

いつもお世話になっております。
品川区五反田最大手のミネルバ税理士法人でございます。
**********************************************************

スタッフY.M

暑気日ごとに厳しさを増す今日この頃、いかがお過ごしでしょうか。

6月といえば、梅雨入りをして足元が悪い雨の日が多いなという印象を持つ方が多くいらっしゃるかと思います。その一方で、6月は「6月の花嫁」、「6月の結婚」を意味する「ジューンブライド」と呼ばれ、多くの人が結婚式を挙げる季節でもあります。実は、私の高校時代の友人も6月に挙式を予定しています。挙式では懐かしい友人達と会う貴重な機会にもなりますし、学生時代のことを思い巡らせるだけで目頭が熱くなります。

ジューンブライドの由来については諸説ありますが、ギリシャ神話に登場する結婚や出産を司る女神「Juno」が守護する月が6月であることから、6月に結婚をすると生涯幸せに暮らせるとヨーロッパで言い伝えられたと言われています。

ジューンブライドが広がる前の日本では梅雨ということもあり、6月に挙式を積極的に行う人はあまり多くなかったようです。そこで6月の挙式組数を上げる施策として、ある老舗ホテルがヨーロッパで発祥となったジューンブライドに着目をし、「6月の花嫁は幸せになれる」と打ち出したことが日本で広まったきっかけといわれています。

現在の日本では、気候の良い春と秋の挙式組数が多く、4月よりも6月の挙式組数の方が平均して多いことから幸せになれるという言い伝えにあやかりたいと思う人は多いようです。日本では「雨降って地固まる」ということわざもありますし、かえって雨の挙式は縁起が良いかもしれませんね。

**********************************************************
税務、経理でお困りなことがありましたら、お気軽に
品川区五反田最大手のミネルバ税理士法人にご連絡ください。

お問合わせ
はこちら