ミネルバ税理士法人 上田公認会計士事務所

発行:2024-04-24
ueda-staff

K.Y.(2013年入社)のマイパーパス

ミネルバ税理士法人ではパーパス経営を実践しています。毎週、職員のマイパーパス(仕事の目的)を発表していて、文章にしたものをこちらで紹介させていただきます。

<K.Y.(2013年入社)のマイパーパス>

対顧客:ミネルバ税理士法人に頼んで良かったと思ってもらえる人間性と能力を磨く
対社内:一人一人が自分らしさを発揮して充実感を持って働ける環境をつくる
対社会:周りの人たちを笑顔にして勇気づける存在になる

 

<マイパーパスを設定した背景>

私の仕事の価値観に大きな影響を与えたのは、社会人一年目のチームの人たちと一緒に働いた日々です。営業職なので数字が伸びない時期もあるのですが、その時に「売ろうとせずに、相手の役に立つことに集中しろ」という上司の助言は今も大切にしています。どうしたら相手が喜んでくれるのか、信頼されるのかを考えることで気持ちも安定し、数字も少しずつ伸びていった体験があり、「人に貢献すること」が自分にとっては働く上で一番合っているという実感がわきました。この貢献という軸で各マイパーパスを設定しています。

 

<マイパーパスやウェルビーイング活動の実践について>

対社内:一人一人が自分らしさを発揮して充実感を持って働ける環境をつくる

私は、お互いに「この人と一緒に働いて良かった」と思える関係を仕事の中で築いていきたいと考えています。最近は職員一人ひとりに寄り添ったサポートをしたいと思い、創業融資の情報提供や、創業計画書・数値計画書の書き方など、担当者と一緒に作業をすることで具体的な進め方を学んでもらえるよう実践しています。

また、前職で培った幅広いビジネスモデルへの知見を活かし、引継ぎ時には業界の外部環境、一般的なビジネスモデルに加え、お客様のビジネス特有の強みや課題を深く理解できるよう説明を工夫しています。特に、新規担当者への引継ぎは1・2年目に集中するため、今後は図式化するなどわかりやすい説明をしていきます。営業と担当者が関わるのは最初の一時的な部分ですが、そこからお客様との向き合い方や、仕事の進め方、メールや会話での伝え方など模範となるよう日々努力を重ねていきます。

お問い合わせ
はこちら